kaiyo1

海洋ゴミ清掃と分別

アロハ!

GPCの千尋です。
9月5日(日)、非営利団体B.E.A.C.H.主催のカフクビーチ清掃に、
私も友人と一緒に参加させていただきました。
以前海洋ゴミ分別勉強会にもボランティアとして参加し、
B.E.A.C.H.の皆さんがカフクビーチから持って帰って来た砂の中に
どれほどのプラスチックが混じっているかを目の当たりにし、
かなりショックを受けていましたが、実際にそのカフクビーチに到着した時も
私は本当にその汚さに驚きました。
今回は写真満載でそのレポートをお届けします。
ゲートを2カ所通り抜けなければならないような、個人所有の土地を通り抜けて
ボランティアの私たちは、人っ子ひとりいないカフクビーチへと向かいました。
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
本当に誰もいないビーチ。
青い海と空が広がっています。
聴こえてくるのは、打ち寄せる波の音だけ…。
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
こうしてパっと見た感じでは、その汚さはわかりませんよね?
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
上の写真の遠くに見えている黒い物体は、
あまりにも大きいので、ゴミではなく何か理由があって
そこに置いてあるのかと私は最初思いました。
それをみんなで力を合わせて移動させてみたところ…
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
どうやら海洋巨大ゴミのようです。
どこかの船から捨てられたのでしょうか。
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
シバタ…と、日本名が書いてあります。
日本から流れ着いたのでしょうか。
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
この美しい風景にゴミは似合いませんが、
悲しいかな、至る所にプラスチックがゴロゴロ転がっています。
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
大きなゴミを撤去しても、まだまだあります、おびただしい数の漂着ゴミ。
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
歯ブラシからペットボトル、オイルの容器、ザル、カゴ…
あらゆる国のプラスチックゴミが、太平洋ゴミベルトに乗って
カフクビーチに流れて来たんですね。
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
ボランティアの人数も、時間も、ぜんぜん足りないと感じました。
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
その時のゴミはまた何回にも分けて、ボランティアの手により分別されました。
B.E.A.C.H.の皆さんは、細かく分別した海洋ゴミの統計をとり、
そのデータを基に一般社会に啓蒙活動を行い、
政府に動いてもらえるように働きかけて行きます。
今日(10/17)、GPCメンバーも、「日本を美しくする会」の皆さんと共に
この海洋ゴミ分別のボランティアをしました。
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
「日本を美しくする会」の皆さんは
「いつも日本でトイレ掃除をしているのと同じで、
細かい地道な作業ですね」とおっしゃっていました。
この「日本を美しくする会」の皆さんとお会いできたことにより、
またつながって行くすばらしい人の縁を感じました。
その詳細は、洋子さん、次回レポートお願いしますね。
ハワイの環境NPO | ガイアパシフィックセンター
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone