tweets

アースフレンドリー(地球に優しい)な商品を選ばれていますか?

みなさん、こんにちは。ガイアパシフィックセンターのKENです。

ガイアパシフィックセンターは、たくさんの人々や自然の中から環境について学び、そして伝えていくことを目的の一つとしています。毎回行っている勉強会の報告に加え、GPCメンバーがそれぞれ考えている環境のことや気がついたこと、ハワイや世界の環境ニュースなどを取り上げ、スタッフのつぶやきを書きたいと思います。どうぞおつき合いください。先ず最初に、言い出しっぺのわたくしケンから書かせていただこうと思います。

アースフレンドリー(地球に優しい)な商品を選ばれていますか?

日々の生活の中で、お買い物が環境に与える影響は大きなものだと思います。私たちが購入する商品の生産方法や栽培方法、原材料などは、直接的に環境に影響を与えているものです。今回は僕がお買い物で気をつけているポイントをご紹介します。

1)雰囲気にだまされない
最近、オーガニックでナチュラルなイメージで販売を展開しているお店やブランドがありますが、そんなお店やブランドは特に注意が必要です。どこからどこまではオーガニックなのか、デリもオーガニックの材料を使っているのかなど、しっかりと中身を見て店員さんに相談して購入することをお勧めします。

2)オーガニックでも、パッケージがかさむものは買わない
折角のオーガニック製品なのに、プラスチックや包装紙などに気を配っていないものもあります。できれば製品そのものだけを、正しい価格で買いたい!購入後すぐにゴミになるものなど、全く不要だと思います。

3)バイオディグレイダブルな製品も注意。
植物の糖分などから抽出したプラスチックを原料に作られた食器やコップの多くは、遺伝子組み換え技術で作られたトウモロコシが原料だったりします。長い時間をかけて土に戻る生分解性の食器ですが、一歩踏み込んで注意が必要です。遺伝子組み換え作物が人間に与える影響は、いろんな角度から研究され『安全』とされています。しかし、栽培されている農地周辺では、ある種類の蝶が大量に死んでしまったなど、今までになかった事件も多数報告されています。

環境によかれと思われるものも、元を辿ると本当に安全なものなのか疑問な部分もあります。一番いいことは買わないこと、買ったら大切に長く使用することです。直接食べたり肌に付けたりするものは、大切に育てられた無農薬で遺伝子組み替えでないものが最良で贅沢です。また、リサイクルされた製品を選ぶ、リサイクルできる製品を選ぶ、リサイクルショップを利用する、バイオディグレイダブル(生分解性)な製品を選ぶ、丈夫で長持ちする製品、飽きない製品をしっかり選んで買うことで、環境に影響を与える粗悪な商品を市場からなくし、ゴミの量を減らしことができます。簡単なようでなかなか難しいお買い物。楽しく賢いお買い物を心がけたいと思います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

2 thoughts on “アースフレンドリー(地球に優しい)な商品を選ばれていますか?

  1. ケンさん、アロハ♪
    オーガニックってハワイでも流行っていますが、なかなか難しい面もありますよね。
    最近ではオーがニックと言う言葉で安心してしまい、食べ過ぎによる肥満患者が増えているそうです。
    何事も適量ですね。地球に優しい適量があると思います^^

  2. H!roさん、こんにちは。
    >食べ過ぎによる肥満患者が増えて……
    そうなんですか!オーガニック・メタボシンドロームでしょうかね?確かに安心して食べられるものは、普通以上に食べちゃうのかも知れませんね。僕も人のこと言えないのですが、自分の必要な量だけを消費することで、いろんなことが変わってくると思います。何事も適量。まさにその通りですね!

Comments are closed.