SHARE THE ROADS

ガイアパシフィックセンター




ガイアパシフィックセンターのKENです。

日本で生活していた頃、移動の中心は自転車か電車でした。クルマは一切乗らず、自転車でどこまでも出かけていました。しかし、日本では、歩道を走れば歩行者に邪魔にされ、道路を走れば容赦ないクルマのクラクションに妨げられ、自転車が安全に走れる場所などなく、命がけで乗っていたような気がします。

アメリカには「SHARE THE ROADS」という看板があるように、自動車と自転車が共有できる環境がありますが、まだまだ危険な場所が多く安全ではありません。このような状況を改善するツールとして People for Bikes [ http://www.peopleforbikes.org ]という団体があるのでご紹介します。People for Bikesは、現在の自転車環境を改善するためにアピールをしています。道路の整備、排気ガス抑制と地球温暖化防止、そして健康的なよりよい社会を形成するために、自転車を安全に利用できる社会を作りたいと考えています。



現在、100万人署名を持って行政に訴えかけようとしています。インターネット上で署名ができますので、ぜひホームページをご覧ください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone