Worn Wear:着ることについてのストーリー:パタゴニア

『着ることについてのストーリー』

皆さんこんにちは。ガイアパシフィックセンターのKENです。
本日アメリカは、感謝祭の翌日金曜日、その名もブラッククフライデーです!何故ブラックフライデーかと言うと、アメリカ中のショッピングセンターなどでクリスマスセールが始まり、小売店が大きく黒字になることからブラックフライデーと呼ばれているとのこと。この日を境に、年明けにかけてアメリカ中が大賑わいになるのです。

そんなブラックフライデーに、興味深いフィルムを見つけたので皆さんにシェアさせていただきます。”Worn Wear:着ることについてのストーリー:パタゴニア” というフィルム。優れた製品を生産する事に努力している会社と、優れた製品を手にし最高に満足している消費者の『着ることについてのストーリー』。ぜひご覧下さい。

『着ることについてのストーリー』
Worn Wearは私たちが所有するモノや私たちが生きる人生における質の探求です。このショートフィルムは私たちをメキシコ、バハの電気や水道のないサーフキャンプ、ニューハンプシャー州コントクックでメープルシロップを採集する一家、カリフォルニア州オーハイのオーガニック農場、またスキーのチャンピオンやナショナル・ジオグラフィックの写真家、そして伝説的なアルピニストのもとへと導きます。パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードのインタビューも収めた本フィルムは、購買行動に対する人びとの狂乱への防御手段であり、Worn Wearはすでに所有しているモノを称賛することへの招待です。(『パタゴニア製品にまつわる色あせないストーリー』より)

 

 

パタゴニア製品にまつわる色あせないストーリー
http://wornwearjapan.patagonia.com/

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone