アマゾン新本社屋は、自社のデータセンターの熱で暖房

最先端のエコロジー、Amazonの試み。

ガイアパシフィックセンターのKENです。
以前『最先端のエコロジー、facebookの試み。』というニュースを掲載したことがありますが、今回は最先端のエコロジー、Amazon版です。

Amazonはシアトルの建設中の新本社ビルについて、近くにあるデータセンターから発生する熱を暖房として再利用するユニークな計画を進めています。データセンターの冷却を助けるために使用された水は、地下水道を経由して新本社屋に戻されるというもの。また、社内で熱をすべて放出してしまった水は、また循環してデータセンターへと戻り熱さられサイクルします。

日本では清掃工場で発生した熱を温水化し、プールなどで利用していたりしますよね。ホノルルはカカアコを中心としたコンドミニアムの建設、カポレイからアラモアナまでのモノレール計画など、建設ラッシュがやってきます。ハイテク企業に限らず、これから建設される建築物にはこういったエネルギーのリサイクル技術が投入されることに期待したいですね。

Geekwire

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone